365日休み無し生活から一転。中国輸入を開始して半年で月商300万円を達成し海外生活を満喫してます

ベトナムでクロコダイル仕入れは儲かる?実際に仕入れてみた

こんにちは、むらです。
クロコダイル製品と言えば日本でも人気のアイテムです。
そしてあまり知られていませんが、ベトナムはクロコダイルの生産国です。
当然町中にはたくさんのクロコダイルショップがあります。
そしてとにかく安い!今回は実際にショップに潜入してきました。

 

ベトナムのクロコダイルショップ

 

 


クロコダイルショップは3種類ある


・工場直営店
・問屋から仕入れて販売している店
・市場内の店

 

当然工場直営店が一番安いです。
ですがたくさんのお店の中から、どの店舗が工場直営店なのか見分けるのは非常に難しいです。
僕はベトナム人パートナーにお願いして「1店舗ずつ電話してもらい、しっかり対応してくれそうな店に直接行ってみる」という方法でお店の開拓を進めました。

 

クロコダイル工場直営店仕入れ

 


実際に直営店に行ってみて驚いたのが、まず店頭価格が安いことです。

そのままでも十分仕入れられるレベルの値段でした。

 

もちろんサイテス発行にも対応!
※サイテスは日本に輸入するために必要な書類で、これが無いと税関で没収されてしまいます。また、その後は経済産業省から輸入許可を取得する必要があります。


生産証明書発行にも対応!
※生産証明書はベトナムから輸出するために必要な書類で、これが無いとベトナムから輸出することができません。

 

クロコダイル製品は利益率が非常に高いですが、こういった障壁があることを理解し、障壁をクリアする方法を知っておくが大切です。

これからベトナムでクロコダイル仕入れをしようと考えてる方は気をつけてくださいね!

 

店主に色々聞いてみた

 

Q:日本への直送に対応していますか?
A:日本への直送にも対応しています。もちろんサイテスと生産証明書も発行可能なので税関処理もおこないます。

Q:OEMはできますか?
A:できます。OEMは10個の小ロットから相談可能です。

Q:割引はありますか?
A:個数によりますが大幅な割引にも対応します。

 


ということで、ベトナムのクロコダイルショップは、初心者でも小ロットで簡単にオリジナル製品が制作可能ですし、大幅な割引あるということでとても魅力的な仕入先でした。

 

追伸1

 

今回は工場直営店での仕入れをおこないましたが、次回は市場内のショップ仕入れにも挑戦してみようと思います。

市場は卸市場として有名な華僑が多いエリアにあるので楽しみです。
華僑エリアでは中国語が話せる方が多く、僕も中国語が話せるため通訳経由ではなく直接交渉をすることができます。

 

追伸2

 

移動中にバイクがパンクしました。

町中にはそこら中にバイク修理屋さんがあるので、パンクしたところから100m歩いただけで発見できました。
修理料金は450円。うーん、ベトナムの物価は安い…!

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

Twitter でフォロー