365日休み無し生活から一転。中国輸入を開始して半年で月商300万円を達成し海外生活を満喫してます

本当に稼げる無在庫転売のやり方を徹底解説

こんにちは。むらです。
最近、無在庫転売はあまり稼げないという意見を多く耳にします。
しかし、僕は全然現役で稼げていますし、色んなコンサル生を見てきた中で稼げていない人の特徴も知っています。今回は無在庫転売で本当に稼いでいるノウハウについて解説します。



正しい無在庫転売のやり方

 

稼げる無在庫転売とは「正しい方法」でやることが大切です。
ここではヤフオク × アマゾンの無在庫転売について解説していきます。
これは、アマゾンで販売している商品をヤフオクで販売する方法です。

では、アマゾンで販売してる商品をそのままヤフオクで販売して売れるの?
という疑問が出てくると思いますが、結論から言うと売れます
どのようにすれば売れるかと言うと、ロングテール戦略を取ることです。

ロングテールとは、日本語にそのまま翻訳すると「長い尻尾」ですが、ここでは「たくさんの商品を出品する」という意味になります。


しかし、無在庫転売ではこのような手法を推奨している人がいます。

  • 売れる商品をリサーチして出品
  • 特定のジャンルに特化して出品
  • さらに写真を加工して出品

上記の方法は間違いではありません。
ところが「これから」無在庫転売をおこなう人にとっては限りなく間違いに近い方法です。
なぜなら、

  • 「売れる商品」はたくさんの人が目をつける
  • ジャンルを特定すると他のジャンルのチャンスを逃す
  • 売れるか分からない写真を加工する時間がもったいない

ためです。
また、たくさんの商品を扱うことによってリスクヘッジがかけられると共に、自分の想定外のところから売れる商品を見つけられるメリットもあります。
ロングテール戦略を取った後から、売れる商品だけを集めて、写真加工等より売れるような施策を施していく方が効率が良いと言えるでしょう。

 

 

無在庫転売で稼ぎ続けるコツ

 

無在庫転売で稼げなくなる=ヤフオクのアカウント停止です。
ここまで読んでいる方は重々承知だと思いますが、ヤフオクは無在庫転売を推奨していません。むしろ容赦なくアカウント停止にしてきます。
なので、

無在庫転売で稼ぎ続ける=ヤフオクのアカウントを存続させる

ことです。
まず第一にヤフオクのアカウントが停止されるには理由があります。
その理由はその時々によって違うため、常に最新情報を収集する必要があります。
僕は自分自身で試行錯誤をしながらPDCAを回し、今では原因不明でアカウント停止されることはなくなりました。
常に仮説と実証をおこなうようにしていきましょう。

次に、リスクヘッジとして複数アカウントを運用することです。
僕が無在庫転売を始めた当初、アカウントは一つしか運用していませんでした。
やっと売れるようになって利益が出始めたその時、アカウントが停止され喪失感から無在庫転売をしばらくやめてしまった。というようなことがありました。


一つのアカウントのみを運用し、アカウントが停止されてしまったらすべてが台無しに。

このような環境では無在庫転売を長続きさせることはできません。
しっかりと複数アカウントを運用してダメージが少なくなるようにしましょう。
最初でも常時3アカウントは運用するようにしましょう。

最後に、無在庫転売とはあくまでも通過点の一つでないことを忘れないことです。
無在庫転売で培った商品知識と販売実績から、中国輸入による有在庫物販へ繋げること、これこそが最大のリスクヘッジになります。
事業的にも利益的にも無在庫転売で終わらせるのは非常にもったいないです。
ゆくゆくは中国輸入を始めることを常に頭に入れておくようにしましょう。

 

無在庫転売でハマるポイント

 

アカウント停止
まずはアカウントを停止させないこと、停止されるには理由があります。繰り返しになりますが停止される理由の仮説を立てて違う方法を随時試していきましょう。

売れない
売れ始める商品数に届いていない可能性があります。まずは1000商品を目指して出品していきましょう。
または商品選定方法が良くない可能性があります。こちらのページで商品選定方法について解説しているので参考にしてください。

作業が多すぎて辛い
自動化を検討してください。無在庫転売は自動化をおこないやすい事業です。
自動化についてはこちらのページで解説しているので参考にしてください。

 

無在庫転売を今から始めるためには

 

まずははじめることです。以下のプロセスで早速手を動かしてください。

ヤフオクアカウントを作成

商品リスト1000品作成(アマゾンから)

ヤフオクで商品を出品

売れる

発送

顧客対応

たったこれだけです。
いかがでしたか?これで無在庫転売の全容が分かったのではないかと思います。
何か分からないことがありましたら、お問い合わせかTwitterのDMをいただければ、分かる範囲でお答えしますのでお気軽にメッセージをください。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

Twitter でフォロー