365日休み無し生活から一転。中国輸入を開始して半年で月商300万円を達成し海外生活を満喫してます

せどりを始める前に知っておくべきクレジットカード使い方

こんにちは、むらです。
せどりをこれから始めようと思っている方は必見のクレジットカードの使い方についてです。
もう始めている方もクレジットカード使い方が本当に適しているかもう一度確認してみてください。

 

 

締め日・支払日を理解する

 

クレジットカードの締め日と支払日は
せどりをおこなう上で非常に重要な概念になります
これがしっかり理解できていないと、
すぐに資金ショートを起こしてしまい
場合によっては事業を継続できなくなってしまったりすることもあります。

 

カードや引き落とし口座によって締め日と支払日は変わります。

 

僕が持っているクレジットカードで例を出すと

 

楽天カード 月末締め翌月27日支払い
JALカード 15日締め翌々月10日支払い

 

このような感じとなります。
自分のカードが締め日がいつで、支払日がいつか
必ず調べるようにしましょう。
わからない場合はネットで調べるか
カード裏面に書いているサポートの電話番号に
電話すればすぐに教えてくれます。

 

締め日支払日によってカードを使い分ける

 

例えば楽天カード(月末締め翌月27日支払い)を月末に使った場合
支払日までの日数が約27日しかありません。
しかし月初の1日に使用することで、
支払日までの日数を57日間まで伸ばすことができます。

 

商品を購入して

Amazonへ商品を出荷

商品が売れる

Amazonから入金

 

このプロセスを27日間でこなそうと思うと
相当売れ行きの良い商品のみで頑張らないといけないですが
これが57日間まで増えることで
選択肢がとても広がるのが分かると思います。

 

正しい使用のタイミング

 

月末で締めて翌月27日や翌々月4日に支払うカードは
通常月の1日から15日までに使用することになるため、

 

前半カード

 

15日で締めて翌々月10日に支払いうカードは
通常前月16日から月末まで使用することになるため、

 

後半カード

 

と呼びます。
これがクレジットカードの特性を最も活かした使い方となります。
仕入れのタイミングで支払日までの日数は出来る限り
伸ばした状態で商品を買うことができるのです。

 

枠は2ヶ月間で使用していく

 

クレジットカードで購入できる金額が20万円あったとしましょう。
しかし、仕入れで20万円すべて使ってはいけません。

 

カードの締め日から支払日までに使用できる枠となります。
例えば、カードの枠が20万円の場合、
1ヶ月で20万円分の仕入れをしてしまうと、
翌月の27日まで一切使用することができません。
なので、1ヶ月は10万、翌月も10万、そして翌月も10万と
常に枠の半分ずつ使用していくことで、毎月安定した仕入れをすることができます。

 

自分が毎月100万円の仕入れをすると計画を立てるなら、
クレジットの枠が合計で200万必要となります。

 

クレジットカード枠の増額申請

 

最初からクレジットカードの枠が高額に設定されていることは稀なため、
半年に1回増額申請をおこなうようにしてください。
仕入れで毎月カードを使用している場合、
半年に1回くらいのタイミングで増額申請をしてみましょう。
枠が増えれば増えるほど、たくさんの仕入れができるので
あるに越したことはありません。

 

それでは、クレジットカードの使い方をしっかりと覚えて
効率よく仕入れをおこなっていくようにしましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

Twitter でフォロー