365日休み無し生活から一転。中国輸入を開始して半年で月商300万円を達成し海外生活を満喫してます

自分にぴったりな役職をつける大切さ

こんにちは、むらです。
今回は自分にぴったりな役職をつける大切さについて解説したいと思います。
役職は大切です。役職が人を変えると言っても過言ではありません。

 

 

なぜなら、自分は「自分が決めたようにしか動かない」ためです。
つまり自分自身が

 

自分はこんなもんだなぁ

 

などと思っていたとすると、その通りの自分になってしまいます。
かと言ってすぐに、

 

自分はすごい人物だ!

 

と思い込むのも難しいですよね。
そんなときに役に立つのが役職です。
自分で自分自身の役職を与えてみましょう。
いっその事名刺を作ってみるのもありです。
自分自身が最高だと思える肩書を作って自分に与えてください。

 

すると不思議なことに、一度自分に役職が付くと
自分自身がそのように振る舞い始めます。
役職に見合う自分であろうとするのです。

 

非常に簡単に実感できるので、
まだ自分自身に役職を付けてない人は
ぜひこの機会に作ってみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

Twitter でフォロー