365日休み無し生活から一転。中国輸入を開始して半年で月商300万円を達成し海外生活を満喫してます

中国輸入にぴったりな銀行口座の選び方

こんにちは、むらです。
中国輸入を始めるには新規の銀行口座を作ることが重要です。
生活費と中国輸入に使用する口座を分けておくことで様々なメリットが享受できるためです。
今回は銀行口座を分ける理由とおすすめの銀行口座について解説します。

 

 

まず第一に銀行口座を分けておくと確定申告の際にお金の動きがわかりやすくなります。
一度体感すれば分かるのですがこのメリットだけでも銀行口座を分ける価値はあります。
また、生活費と分けることで自分が使っても良い金額が即座に把握できるようになります。

 

とは言え、いくつも持っていれば良いというわけではありません。
2〜3個あれば十分ですので、特に使いやすい銀行口座2種類を紹介します。

 

おすすめの銀行口座

 

楽天銀行

rakutenbank

 

楽天銀行を使用するとポイントが溜まります。このポイントは楽天で買い物が出来たり、振込手数料として使うことが出来たりと非常に汎用性の高いものとなっています。
僕も楽天銀行を使っているのでポイントがどんどん溜まっています。
たまに家族にプレゼントを送ることがありますが、そういった場合は楽天のポイントでプレゼントが購入できますので毎年事実上タダでプレゼントを送ることができています。
使用可能なATMはセブン銀行、イオン銀行、ステーションATM Patsat、イーネットATM、ローソンATM、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行ととても多いのでいつでもどこでもATMが使えるのも大きなメリットです。

 

ジャパンネット銀行

d3984-89-117897-0

 

ジャパンネット銀行は月1回入出金それぞれ無料で、2回目以降の出金はセブン銀行とゆうちょ銀行の場合3万円以上で無料となります。
また、ヤフオクを利用した際に出品者と落札者両社がジャパンネット銀行を使っている際に「ヤフー決済手数料」が無料になります。
このことから中国輸入はヤフオクを使うことも多々あるため登録しておいても損はないでしょう。

 

ということで以上2つの銀行口座を紹介しました。
この2つの銀行は両方ともネットバンクです。
中国輸入をする上でネットバンクは必須となりますので、まだ持っていない方はこの機会に作っておいてくださいね。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

Twitter でフォロー